1. Top
  2. » J-REIT分配利回り

J-REITは安定的分配が期待できる金融商品


REITは、主に不動産や不動産証券化商品などで運用するタイプの投資信託です。
多くの投資家から集めた資金でオフィスビルなどの収益物件に投資し、そこから生じる賃料収入や売却益を投資者に分配する仕組みとなっています。

REITは、欧米では以前から一般的な金融商品でしたが、日本では平成12年の規制緩和で組成が可能となりました。
日本版の不動産投資信託ということでJ-REITと呼ばれています。REITの登場で、従来は難しかった不動産への小口投資が可能となりました。
J-REITは、東京証券取引所に上場されています。
オフィスビルや商業施設、住宅、ホテルなどさまざまな物件を対象としたバラエティにとんだJ-REITが上場されています。

REITは、運用収益の安定的分配が期待できる金融商品です。
不動産の運用収益を投資家に分配するしくみになっています。

不動産は、適切に管理運営されているものであれば、賃料収入は比較的安定していると期待してもいいでしょう。
短期的なキャピタルゲインを狙うようなタイプの金融商品ではなく、中長期的な投資に向いた金融商品であるのではないでしょうか。

また、REITは、定められた一定の要件を満たすことで、法人税が実質的に非課税になり、また収益のほとんどが分配にまわされるという特徴をもっていますので、相対的に高い配当利回りが期待できる金融商品ではないでしょうか。

個人では投資することができないような物件の不動産投資が少額でできるのもREITの魅力です。
しかも物件を分散して投資できることも魅力の1つです。




JREIT